人気ブログランキング |

2007年 11月 18日 ( 1 )

吉兆偽装事件

中学生の頃から愛読していた【暮らしの手帳】に吉兆の創業者である湯木貞一さんの随筆が掲載されていて『世の中にはこんなに高水準の料理を食べれる人がいるんだ』と思ったこともありましたが料理人としての姿勢に心惹かれる物があったので何時か東京にある吉兆でランチにでも松花堂弁当を食べてみたいと思っていました。

時代が変わってしまったのでしょうか。
まさに世の中グルメブーム、と言っても日本は異常なくらいテレビには食の番組が氾濫し、雑誌や新聞に話題の食べ物の情報が載るとわーっと群がる人々。
そんな中、北海道の白い恋人事件に始まって有名な赤福事件、そして今回の吉兆事件が発覚しました。

賞味期限の表示に関しては正しく公表なり表示されていれば冷凍保存も悪くない、廃棄処分なんて食べ物に対する冒涜だし、狭い島国の日本、いつか食糧難がやってくるかもしれないし世界中で大勢の人々が飢餓に苦しんでいると言うのに何て罰当たりの国民と思うのは私だけでしょうか。

吉兆事件のようなデザートや惣菜の賞味期限の改ざんは期限が切れる直前に半額セールするなりすれば高級な食べ物も庶民がありつけるわけですから廃棄処分だけは止めて欲しい。

牛肉の産地の偽装に関しては高級志向のバカな日本人が味も分からずに踊らされてたわけだから腹も立たずに笑ってしまった。

by suziej | 2007-11-18 00:19 | 日記