人気ブログランキング |

2006年 08月 12日 ( 1 )

Do it yourself

     ペアガラスの間にブラインドが組み込まれたフレンチドア
b0034565_20594335.jpg

           古い引き戸は簡単に外すことができました
b0034565_20595994.jpg

去年の今頃はデッキの修理工事をやっていたような記憶がありますがアメリカだとかなり多くの家で自分でペンキを塗ったり改装工事をやります。
我が家ではほとんどの工事が自前(笑)
今年のプロジェクトは窓とドアの取替え工事です。
大きな窓と高い所の窓5枚は去年入れ替えましたが値段が高かったので残りの窓は主人がやることにしました。
窓5枚にデッキと庭に出る引き戸を2枚換えることにしました。

私が日本に行ってる間に終わらす予定でしたが監督がいないと直ぐ工事を休む悪いクセがあるので中断のままでした。
私が帰ってきた途端、しかも夕方仕事から帰ってきて1枚窓を入れました。
昨日は大きなデッキに出る引き戸をフレンチドア(どうしてこういう呼び方をするのか不明だけど、所謂観音開きのドアです)に交換しました。
この引き戸とブラインドの間は我が家の猫のお気に入りスポットで、何時もブラインドは猫の毛だらけだったのとブラインドがあるので掃除機が良くかけられなかったので今回ペアガラスの間にブラインドが組み込まれたドアを選びました。
改装工事は新規より面倒で必ず問題点にぶちあたります。

私の仕事は監督と簡単な手伝い、手より口を出す方が多い(笑)
このフレンチドアのブラインドの上げ下げや調光がとっても機能的でとても気に入りました。

by suziej | 2006-08-12 21:19 | アメリカ雑記