人気ブログランキング |

2006年 08月 03日 ( 1 )

ハンコ

両親が高齢になるにつれお金の管理は家族が引き受けることになります。
でも身寄りがいないと問題は深刻です。
年金が年6回の支給のため認知症が出てきた場合いろいろ問題がおきてきます。
2ヶ月分の生活費という認識がなくなってきます。
そこでお金の管理が必要になってきます。

以前は郵便貯金の通帳を1冊以上持つことが可能だったので1つの通帳にお金を分けて入金して自動支払いが簡単に出来ましたが、紛失届けを出したために従姉妹の使える通帳が1冊になってしまいました。
そこで私名義の郵便通帳を作り、年金支給の月に自動支払いというシステムでお金を一定額移すことにしました。
それにしてもハンコは面倒です。
私は日本には郵便局も銀行の口座も持っていなかったのでハンコを持っていなかったので父のハンコを借用しました。

この件は一件落着なんですが従姉妹の件に追われて父の介護ヘルパーの支払いの書類の手続きが未だ終わっていません。
と言うのも父の通帳の登録してあるハンコが思っていたのと違っていてハンコ探しの途中、明日はもう一つのハンコを持って銀行に確認に行かなければなりません。

ここで教訓、しっかりしているうちに身近な家族に全ての通帳やハンコの情報を教えておくこと。
あとアメリカと違っていて不便を感じたのは共同名義の通帳が作れないこと。
私は最近日本にいる時間が増えたので銀行口座は主人と共同名義のものの他、娘と共同名義の口座も開きました。

by suziej | 2006-08-03 00:11 | 東京便り