アメリカの葬式の服装は?

今日の新聞にたまたまお葬式の服装の記事が載っていました。
一般的なお葬式の場合日本と違って統一性がなくて背広にネクタイの人の隣にジーンズの人が座っていたり、女性の場合もダークなスーツの人もいるし花柄のドレス、光ったビーズのついた洋服を着ている人と様々です。

今日ダウンタウンにある大きな教会で日本人の知り合いの方が亡くなられてメモリアルサービスが行われました。
個人的には親しくなかったので参列しないつもりでしたが朝早くに親しい友達から電話があり、その成り行きで急に行くことになりました。
いわゆる喪服は日本に置いてあるので何を着ていくか?迷ってみたところでたくさんチョイスがあるわけじゃないし、とにかく普段着ない服は最近買ってないので痩せたおかげで黒のスカートもサイズがブカブカでダメ。
けっきょくノースリーブのシンプルな黒のドレスに薄く透けてる長袖を羽織ることにして、アクセサリーは日本的に真珠のネックレスとピアスにして大急ぎで出かけました。

参列者は日本人とアメリカ人が半々でした。
アメリカ人は着ていく服装にはあまり気にかけていないようで様々でした。
親族の方々もいろいろな服装でみえていました。
日本みたいに礼服があるというのは心配がないという面では便利かなと思いました。
[PR]

by suziej | 2006-05-24 13:49 | アメリカ雑記